医療倫理についての宣言は、患者さまの利益を第一に考えて作られ、順守されます。FCCの一員として、医師は患者さまへの責任を第一の、そして最大のものとする必要があります。ひいては、社会、他の医療従事者、そして自分自身にも責任を持たなければなりません。FCCが採択した以下の宣言は法律ではありませんが、高潔な医師の振る舞いとは何たるかを示す規範となるものです。

  1. 医師は、人間の尊厳と権利への思いやり、敬意を持って、必要な治療活動に従事すること。
  2. 医師はプロフェッショナルとしての規範を守ること。仕事中のあらゆる状況でも誠実であること。性格や能力に問題のある医師や、詐欺行為に手を染める医師を見つけたら、事務局長に申し入れること。
  3. 医師は患者さま、同僚、その他の医療従事者への敬意を持つこと。そして、患者さまの秘密やプライバシーを守ること。
  4. 医師は常に科学的知識を吸収し、応用・発展させ続けること。常に最新医学に触れ、患者さま・同僚・その他に、各状況に関連する情報を提供できる体制でいること。協議する場を設け、必要に応じて他の医療従事者の特長を活かすこと。
  5. 医師は患者さまへの適切な処置を提供するにあたって、緊急時を除いて、担当患者さま、共に処置にあたる同僚、働く環境を選べる自由を持つ。
  6. 医師は、FCCの成長と公衆衛生の向上に貢献する活動に参加する責任感を持つこと。
  7. 医師は、患者さまの治療にあたっている最中は、患者さまへの責任を何よりも優先すること。
  8. 医師は、すべての人に対して、医療行為を受けられるよう支援すること。