運動・体重と不妊症状の関係

生活習慣が不妊治療を邪魔しているのではないかと考える患者さまご夫婦もよくいらっしゃいます。運動と体重という、2つの生活習慣要因が不妊治療の成否に関係しています。体重の減少が、女性の卵巣や男性の精巣に脳が送るホルモンによるメッセージの減少を招いてしまうことがあります。

ストレスと不妊症状の関係

不妊症状自体がストレスになりますが、不妊がストレスに起因しているという根拠はほぼありません。非常に珍しいケースとして、女性の大きなストレスがホルモンレベルを変え、不規則な排卵を招くことがあります。

女性の年齢と不妊症状の関係

女性の妊娠能力は、閉経の始まりよりも何年も前に低下し始めます。それは仮に、排卵周期が安定していても起こります。女性の妊娠年齢の上限に厳密な定義はありませんが、35歳を過ぎると不妊症状の割合があがります。古い調査結果によると、避妊具を用いずとも妊娠しない女性の割合は、女性の年齢と共に上がるとのことです。

女性患者の妊娠能力の予測

女性の妊娠能力は年齢とともに低下します。結果として、子供を身ごもる能力が下がり、流産の可能性も上がります。年齢を重ねるにつれて、安全に赤ちゃんを産む能力は下がりますが、妊娠が完全にできなくなる年齢には個人差があります。