精液の分析によって、男性不妊の原因を探ることが出来ます。当院の体外受精ラボでは、実地で男性病の治療を行っています。中でも画期的なのが、卵細胞質内精子注入技術(ICSI)です。単一精子ミクロ注入技術とも呼ばれます。
男性不妊の原因としては以下が挙げられます。

  • 嚢胞性線維症などの遺伝子障害
  • 精子の輸送に際しての不具合。骨盤手術の経験や精管切除術の施術。
  • 精索静脈瘤
  • 精子の数形動きの異常
  • ホルモンバラスの崩れ
  • 熱や化学療法等による有毒物質の影響。
  • 原因不明の不妊

精液の分析によって無精子症(精子細胞が作られない症状)や精子減少症(精子細胞が少ししか作られない症状)が判明する可能性があります。この場合は、信頼のできる泌尿器科医に紹介いたします。